あなたにとって、音楽とは、何ですか?

 
日々の生活の中で、
 
音楽に触れる機会があっても、
音楽と向き合うことは、
少ないかも知れません。
 
 
また、
ピアノを演奏する上で、
 
上手に弾けないと悩むことはあっても、
音楽と真剣に向き合い、
対話することは、
少ないかもしれません。
 
 
そして、
 
あなたらしさや、音楽とは何か?
を考えることは、
少ないかもしれません。
 

 
こんにちは!
 
音楽教室PIANO@YOKOSUKA代表の、
ばばかずたかです。
 
 
今日は、「ぼくと音楽」の話をしたいと思います。
 
 
ぼくは昔から、
上手に弾くことに興味がありませんでした。
 
あー、んー、違うな。
 
 
正確に言うと、
 
間違えずに正確に弾くことや、
楽譜に書いてある通りに音を出すことに、
興味がなくて、
 
それよりも、
 
「どうやったら、自分の音楽が表現できるか?」
 
と言うことばかりに、
興味がありました。
 
 
小さい頃から。
 

 
それこそ、幼稚園や小学生の頃は、
 
お買い物の歌、
お出かけの歌、
 
お風呂の歌に、
歯磨きの歌に、
お着替えの歌。
 
 
ご飯の歌もあったし、
お片づけの歌もあってね。
 
自分の生活にBGMがある感じ(笑)
 
 
着替えてる時なんて、
歌を歌うことが楽しくなっちゃうから、
 
仕度をする手が止まって、
よく怒られたっけー。
 
 
それでも、歌う。
 
 
そんな日々口ずさむ音楽が、
 
ぼくにとって、
ピアノという形で表に出てくるんです。
 
 
だって、
 
ピアノが弾けたら、
メロディーも、
伴奏も、
ひとりで奏でることが出来るんだもん。
 
 
そう言えば、
 
お仕事の歌、
お散歩の歌、
それこそ、
楽しくなっちゃった歌とか。
 
 
今でも、よく歌ってます(笑)
 
 

 
ぼくの両親は共に音大を出ていて、
 
父は、音楽科の学校教諭、
母は、ピアノ教室の先生をしていました。
 
 
だから、
 
家庭内で音楽の話が出るのは、
日常でした。
 
 
「この曲、いい曲だね。」
「この演奏、素敵だね。」
「この曲って、なんて曲だったっけ?」
「昔、この曲演奏したよね。」
「この人、上手だね!」
 
みたいな話が普通に行われていたので、
 
音楽があることが、
当たり前だったなー。
  
 
でも、
周りの友達に聞いてみると、

そんな風には、
あんまり、
音楽の話が出ないみたい…。
 
 
でも、よく考えてみてください。
 
 
ぼくたちの暮らしには、
「音楽」が、
密接に関わっています。
 
例えばドラマのBGMだったり、
テレビCMだったり、
 
生活のワンシーンに、音楽は存在しています。
 
 
それなのに、
 
音楽と無縁だと言うのは、
不自然だと思いませんか?
 

 
ちょっと視点を変えてみましょう。
 
これを読んでくれている人は、
音楽やピアノに興味がある人だと思うのですけれど。
 
「ピアノが上手になりたいですか?」
 
と聞かれた時、
 

 上手になりたい!

 
と言う方が、
ほとんどですよね、きっと。
 
 
でも、本当にそうかな?
 
 
極端な話をすると、
 
「ピアノは上手だけれど、つまらない演奏」
 
と、
 
「上手か下手かと言うよりも、豊かな演奏」
 
の、
どちらが出来るようになりたいですか?
と聞かれたら、
 
 
答えはきっと、後者ですよね。
 
 
そう、
 
人は、
ピアノが上手になりたいのではなく、
豊かな演奏を求めているのです。
 
このことに気づかないと、
 
いくら演奏の技術を追い求めても、
豊かな演奏をすることは、
出来ません。
 

 
ちょっと恥ずかしいけど、
 
ぼくには、
ピアノが上手に弾けなくて苦労した時期があります。
 
 
11歳でピアノを始めて、
ただガムシャラに音楽と向き合っているときは、
うまくいきました。
 
この頃は、
 
弾いたら弾いただけ、
自分でも成長を感じ、
 
ピアノが上手にならないと、
思い悩んだことは、
あまりありません。
 
 
でも、
 
こころとピアノの関わりの深さを、
よく知らなかったので、
 
次第に行き詰まります。
 
 
本番で猛烈に緊張してしまったり、
コンクールでいい成績がおさめられなかったり、
レッスンで叱られたり、
 
あまりに厳しいレッスンに、
こころがついていけなくて、
 
電車に乗れなくなったこともあったっけ…。
 
 
ここから、迷走していきました。
 
 
自分の方向性に悩み、
 
いろんな音楽に可能性を見出して、
様々に努力を重ねました。
 
ピアノ以外の楽器をやったり、
クラシック以外のジャンルを演奏したり、
音楽以外のお仕事もしたし、
 
夢を諦めようともしたし、
ピアノを辞めようとしたこともあります。
 
 
それでも、ダメでした。
 
 
ある時、
 
ピアノが大好きなのに上手くいかない、
ピアノを練習しても上手くいかない。
 
これは、
何か大きな問題があるのではないか?
と、
感じ始めました。
 

 
必要なのは、
ピアノの技術をつけていくことではなく、
こころと向き合うことだったのです。
 
だって、
 
学校ではこころとの向き合い方なんて教えてくれなかったし、
どうやってこころと向き合えばいいか、
誰も教えてくれなかったように、感じます。
 
 
そこで、
 
こころってなんだろう?
そもそも音楽って、なぜ生まれたんだろう?
どんな役割があったんだろう?
じぶんらしさってなんだろう?
じぶんらしく輝いている人の共通点はなんだろう?
 
などなど、
 
こころとおんがくとの関わりについて研究し、
じぶんらしさのこと、
コミュニケーションや教育について深め、
 
自分自身にしつもんをして、
対話をしてきました。
 
 
それをやりきってわかったことは、
 
 こころが整わないと、演奏は出来ない
 
と言うことです。
 
 
練習しても上手にならない、
頑張っているのに豊かな表現ができない、
という方は、
 
この部分が足りていないのかもしれません。
 

 
ぼくのレッスンでは、
しつもんレッスンノートを使います。
 
また、
 
家に戻られてからも、
忘れずに日々の豊かさを増すためのしつもんができるよう、
希望者には、
 
特別なカードも、お渡ししています。
 
レッスンでの問いかけだけでなく、
ノートや、
カードと言ったツールで、
日々、自分に問いかけることで、
 
じぶんらしい姿が見つかっていきます。
 

 
今では、
おかげさまでじぶんらしい音楽に、
出会えました。
 
それは、練習を頑張っただけでもなく、
雑誌での連載が始まったからでもなく、
 
自分の音楽と向き合ったからです。
 
 
そして、
 
ぼくの周りでじぶんらしい音楽に出会えていない方々に、
その考え方やコツを、
分かち合いたいと思うようになりました。
 
 
こころを整える(こころを調律する)と共に、
演奏技術を獲得していくことで、
 
音楽経験のある人は、
今までにない音楽表現に出会うことが出来るし、
 
音楽経験のない人は、
じぶんらしい音楽を最短で見つけることが出来ます。
 
 
ぼく達のレッスンで、出来ること。
 
・あなたらしい音楽を奏でること
・あなたらしい音楽を表現すること
・自分のペースでピアノと向き合うこと
・より深くピアノと向き合うこと
・基礎的なピアノ演奏法の獲得
・基礎的な読譜力の獲得
・音楽の楽しみ
・ピアノ演奏の楽しみ
・ピンポイントレッスンの基礎
・ピンポイントレッスンの応用
・ピアノ演奏技術の向上
・コンクールエントリー
・読譜の応用とバリエーションの獲得
・コミュニケーション
・マインドの引き上げ
・こころサポート
 
発表会に向けてもっと上手になりたい!
コンクールに向けてもっと音楽を深めたい!
今の奏法を確かめたい!
演奏法の悩みを解決したい!
自分らしい音楽を奏でたい!
 
そんな思いを、叶えたい。
 
・自分らしく豊かな演奏をしたい人
・間違えないで弾くことに、とらわれたくない人
・今の状況を脱したいと願う人
・現状を変化させいたいと、心から思っている人
・分かち合いを大切にしたい人
・音楽が大好きな人
・一生、音楽と一緒に生きていきたいと思っている人
・音楽科高校や音楽大学へ進学を考えている人
・自分の音楽を表現したいと思っている人
・本当の意味で楽譜が読めるようになりたいと思っている人
 
こんな人と、出会えたら嬉しいです。
 

 
きっとこれをお読みのあなたは、
 
「わたしでも、大丈夫なの?」
「わが子でも、大丈夫なの?」
 
と言う気持ちが、
あるかもしれません。
 
 
ぼく達のレッスンを受けるには、
 
音楽に精通していなければならないのかな?
専門的にやる決意が必要なのかな?

でも、大丈夫です。
 
 
と言うのも、
 
ぼくのピアノレッスンで提供するのは、
なんども述べている通り、
ただピアノを弾けるようにする技術では、
ありません。
 
あなたが思う、
自分らしい音楽を知って、
 
昨日よりも今日、
今日よりも明日、
じぶんらしさを感じられるようになったら、
 
それも1つのゴールなのです。
 
 
ここまで読んでくれたあなたには、
すでにわかると思いますが、
 
じぶんらしさと上手に弾けることは、
比例しないのです。
 
 
レッスンは、生徒さんと一緒に作り上げていく。
 
個人レッスンだからこその、
カスタマイズ性は、確実にあります。
 
そのカスタマイズ性は、
 
演奏技術を伝えることだけでなく、
こころを調律する視点を合わせることで、
格段に、
効果を高めます。
 
 
弾けなかったフレーズが弾けるようになる、
そんなレッスンがきっとここにはあります。
 
この言葉の真髄を、
ぜひ、
体感してください。
 

 
今回は、本当に久しぶりの生徒募集なので、
この出会いに感謝して、
特典をプレゼントしたいと思います。

1、30分の事前カウンセリングをプレゼント

レッスンを始めるにあたって、聞いておきたいこと、伝えておきたいことは、たくさんあると思います。体験レッスン前にお話し合いしましょう!
@10000円相当

2、しつもんレッスンノートをプレゼント

他のお教室でも活用されているしつもんレッスンノート。
通常では、レッスン本申し込みの方だけにお渡ししているものですが、今回は、体験レッスンを受けてくださった方へも、プレゼントします。
@1000円相当

3、レッスンファイルをプレゼント

こちらも、通常ではレッスン本申し込みの方だけにお渡ししているものですが、今回は、体験レッスンをお申し込みいただいた方へ、プレゼントします。

4、ワクワクカードのサンプルをプレゼント

このカードのサンプルは、ぼくの指導者向け講座を受講してくださった方だけに限定でお配りしているものですが、今回は、そちらもプレゼントします。ご家庭の練習に、役立ててください。
@3000円相当

5、入会金を50%オフ
今回のプログラムにご参加の方で、最終レッスン日(3回目)までに入会を決めてくださった方は、入会金を50%オフさせていただきます。
@5000円相当
 

 
改めまして、
ばばかずたかです。
 
生徒と1対1で向き合うピアノ教室だかこそ、
出来ないこともあるけれど、
出来ることは、
もっとたくさんある。
 
こころから、そう思います。
 
 
何を習うか、何を教わるか、
も大切だけど、
 
誰から習うか、
誰から教わるかの方が、
 
もっと大切です。
 
 
こども達の未来のために、
 
ぼく達は、
音楽教室だからこそ出来ることを、
最大限に取り組んでいます。
 
 
あなたらしさを、一緒に奏でましょう!
 

体験レッスン会 募集要項

 
実施日時:A日程:2019年6月12日(水)16:00から
     A日程:2019年6月12日(水)17:00から
     A日程:2019年6月12日(水)18:00から
     A日程:2019年7月10日(水)16:00から
     A日程:2019年7月10日(水)17:00から
     A日程:2019年7月10日(水)18:00から
     A日程:2019年7月31日(水)16:00から
     A日程:2019年7月31日(水)17:00から
     A日程:2019年7月31日(水)18:00から
 
     B日程:2019年6月20日(木)19:00から
     B日程:2019年6月28日(金)17:00から
     B日程:2019年7月1日(月)15:00から
     B日程:2019年7月9日(火)15:30から
 
担当講師:A日程 西村和香
     B日程 馬場一峰
 
※ 当教室には2名の講師が在籍しています。
  各講師の詳しいプロフィールは、こちらでご確認ください。

場所:横須賀市岩戸の自宅レッスン室

対象者:幼稚園生から高校3年生まで

1レッスン時間:60分
       (10分ほどの教室紹介も含む)

レッスン料:1000円
     ※ ご入会くださった方には、1000円相当の楽譜などをプレゼント
 
 

指導者・音楽家向けのレッスンはこちらから
 



受講申し込み

受講者のお名前

 

 
※ まずは、メールにてお返事いたします。
  パソコンからのメールが受信できるアドレスにて、ご連絡くださいませ。